Q:どうやって最適解を求めているのでしょうか

Answer

1,000パターンの組み合わせの集団(①第0世代)を生成後は②~⑤までのプロセスを8,000回繰り返すことで最適解を求めます。

  1. 1,000パターンの「相続人と財産」の組み合わせをランダムに生成する。
  2. 想定している「財産の分割割合」のギャップを算出して評価を行う。条件に外れるものは排除する。
  3. 集団から想定している「財産の分割割合」にあった優良個体を選び、優良個体同士の「財産の分割割合」の組み合わせの一部を入れ替える。
  4. 優良個体の「財産の分割割合」組み合わせを項3とは異なる方法で入れ替える。
  5. 今回のケースでは8,000回の世代交代を行う。世代交代を繰り返すことで最適解に近づいていき、最適な財産分割の組み合わせが選択される。